カザル・ロトンド 丸い家





icone-casal-rotondo古代ローマ時代の円柱状の廟の上に家がのっているため、丸い家、カザル・ロトンドと呼ばれている。

この不思議な家はアッピア街道沿いのセスト・ミーリォSesto Miglioと呼ばれる、街道の起点から数えた

6マイル目のエリアにある。この辺りに来ると車の往来も減りのんびりと散歩ができる。

この廟は誰の墓かは不明であるが、最大級の大きさのものでその直径は35メートルにもなるという。

紀元前3世紀の墓で、中世になってサヴェッリ家のものとなった時代に

見張り小屋として家がのせられた。

墳墓の形はもとは、とんがり屋根の蜂窩状墳墓と呼ばれるものであったらしい。

とんがり屋根の墳墓はピラネージの版画などにも描かれている。

 

 

カザル・ロトンドの横には考古学者のルイージ・カリーナの発掘による発掘された

断片がれんがの壁に埋められてモニュメントとなっている。

 

ここを過ぎると、通りとぶつかるが、バス通りではないので、

公共交通機関を利用しての散歩の際は、引き返してバスが通るErode Atticom通りへ。

Via Casale Rotondo通りを歩いて、バス通りまででられるが、

見通しの悪い道の上、夕方になるとよい雰囲気とは言えない道。

 

■ギャラリー(クリックで写真拡大)

 

     


 


■カザル・ロトンド 丸い家

 Casal Rotondo

 

メトロA線 コッリ・アルバーニからバス 765番 Erode Attico通りまで

 

 

 

 

 





Bookmark and Share







著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト