ちょっと一休みもできる、Capo di Bove





icone-capodiboveアッピア街道のチェチーリア・メテッラの霊廟から500メートルほどのところにある
ちょっとした遺跡。
浴場施設のあるこの遺跡は2世紀中頃のもので、

公共のものではなく、
個人の邸宅か、もしくはこのエリアの組合のものではないかとされている。
ギリシャ語で書かれた大理石の断片が見つかっていることから、
ヘロデ・アッティクス所有の土地になにか関わりがあるともされている。

ともあれ、この浴場施設をもつ建物は、発掘された貨幣や陶器、ランプ、
壁の種類などから、4世紀頃まで利用されていたとされる。

カーポ・ディ・ボーヴェは「牛の頭」を意味するが、
この近くにある、牛の頭があった遺跡に由来する。
今は牛の頭は、ない。

大きくはないがカンファレンスルームや、展示スペースがある。
こちらの建物はローマ時代の井戸の上に、中世にぶどう小屋として
建てられた建物である。
その後国に寄付されるまで、折衷様式としていわゆるアッピア旧街道沿いの
広大な庭にプールがある、低層の豪華な邸宅といして使われていた。

別棟には自動販売機のカフェやスナック、ドリンクがあり、椅子もあるので
アッピア散策の休憩にも使える。
トイレもあるので、ひたすら歩くアッピア散策にはありがたい。

 


 

■ギャラリー

 

capo-di-bove-1  capo-di-bove-2  capo-di-bove-3  capo-di-bove-4 

 

 

 


 

 

Capo di Bove
カーポ・ディ・ボーヴェ

Via Appia Antica 222,  Roma

■開館時間
10:00-16:00
10:00-18:00 日曜日(夏時間のみ)

入場無料

■アクセス
メトロA線 Colli Arbani(コッリ・アルバーニ)駅からバス660番 終点下車
バス停の前には軽食もとれるバールがあり、貸自転車もある。
お天気がよければ、この先旧街道の雰囲気が続くので自転車もおすすめ。

 

 

 





Bookmark and Share

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト