サン・セバスティアーノ門からチェチリア・メテッラの廟まで





公共交通機関を使って行く、サン・セバスティアーノ門から続くアッピア旧街道のちょっと車が手ごわいお散歩案内。

カラカッラ浴場まで来ていればサン・セバスティアーノ門はそこから遠くはないが、

別の所から出発するには、まずは、メトロA線サン・ジョヴァンニ駅の

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ大聖堂の前からでている218番のバスに乗車。

ちょっと見慣れない水色のバス。

普通乗車券で乗ることができる。

これに乗りサン・セバスティアーノ門で下車。

アウレリアヌスの壁が見えて来て、左折したらそこが停留所。

そこはアッピア街道の入口。

 

appia-bus

 

サン・セバスティアーノ門

サン・セバスティアーノ門の上に上ることができる。

壁博物館に入館することで上れる。

シルクロードはここにつながったことを思うと、

この上に立ってはるかアジアに思いを馳せたり。

 

 

appia-prima-colonna

最初のマイルストーン

ローマの中心近くのアッピア街道敷設時の起点、ポルタ・カペーナから一マイル。

この辺りは道幅が狭い割にはスピードを出して車が通るのが恐ろしい。

 

appia-targha

 

しばらく行くと鉄道の下をくぐる。

この鉄道は、フィウミチーノ空港からトラステヴェレ、オスティエンセ駅を通るfr1線。

ここはちょうど、オスティエンセ駅とトゥスコラーナ駅の間になる。

 

 

ここを過ぎると道が二又に分かれ、左がアッピア旧街道。

この分岐点にドミネ・クォ・ヴァディス教会がある。

 

ここまではメトロA線のサン・ジョヴァンニ駅にあるサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ大聖堂の前のバス停から

218番のバスで行くことができる。

アッピア旧街道といってもこの辺りは道路面もローマの街中のサンピエトリーニと変わりない。

街道沿いの家には、レンガの壁に遺跡を混ぜ込んだリサイクル建築物ともいえそうな家や壁が建つ。

これらの壁は第二次大戦後にこの辺りの土地が切り与えられたときにつくられたものという。

 

appia-ingresso

appia-casamista

 

 

サン・カリストのカタコンベとマクセンシウスの競技場

二又に分かれたところから1キロほど行くとサン・カリストのカタコンベに着く。

ここが最大級のカタコンベであるが、他にもカタコンベが点在している。

 

ここまで右側にはカッファレッラ公園という広大な公園が広がっており、地元の人々の憩いの場。

まだまだ、道路自体はアッピア街道の雰囲気にはなっていないが、ここでギブアップの場合は660番のバスがでており、

メトロA線のコッリ・アルバーニ駅まで運んでくれる。

 

左側にはマクセンシウスの競技場が目に入ってくる。

appia-massenziano

 

10分もしないうちに大きな遺跡が目に入ってくる。

これがカエケリア・メテッラの廟である。

 

appia-cecilia

 

この先に進むならばここで休憩を入れることをおすすめ。

参考までに水曜日はチェチリア・メテッラの廟は閉まっているので、

水曜日にこのお散歩はあまりおすすめできない。

個人でまわる場合、お手洗いを探すのが大変だと思われるので。

 

ここまで来ると、その少し先の石畳の大きさが大きくなってきて古の街道をしのばせてくれる。

 

カエケリア・メテッラの廟を越えてもう少し進むと

 

appia-via

 

すべての道はローマへ続く

Tutte le strade portano a Roma

 

 

上の写真はローマを背にしているのであしからず。

 

 

 

個人で公共交通機関でまわる場合、ここで区切りをつけておくと、メトロA線につながるバスもでているので、

区切りのスポットとしておくとよい。

次にバスに出会うのはちょっと先になる。

 

 

 





Bookmark and Share







著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト