中世へ時間旅行、ヴィテルボ





親カテゴリ: ローマから足をのばして
カテゴリ: FR3線を使ってエトルリア文化のエリアへ

icone-viterboローマから日帰り、というわけにはいかないが、ラツィオ州の北のヴィテルボは中世へ時間旅行ができる魅力的な街。

すぐ隣りはトスカーナやウンブリア州で、行政上はラツィオ州でも

気候風土はウンブリア州の山岳都市さながらである。

 

トゥーシャと呼ばれるこの

一帯はエトルリア人が住んでいた場所で、

この辺りは温泉あり、白ワインあり、の素敵な一帯。

ローマからの日帰りもできるエリアも、起点をヴィテルボに移せば、

バスでいろいろな小都市に行くことができる。

 

ヴィテルボはヴァチカンと縁のある街ともいえる。

ローマ法王が選ばれたのは意外と最近のことであるが、

法王選出はシスティーナ礼拝堂を閉め切って投票されることは

知られている。

コンクラーベと言われるその法王選出の投票の語源が、

このヴィテルボにある。

その名も法王の館と呼ばれるPalazzo dei Papiは13世紀に法王たちが住んでいたところ。

そこで法王選出が何百日もかかり、鍵をかけて選出が続いた。

そのときのラテン語で鍵をかけてのcum claviの状態ががコンクラーヴェ、conclaveの語源という。

 

 

ローマからはオスティエンセからでているFR3線で所要時間1.5〜2時間 およそ1時間ごとにでている。

運賃は5ユーロ。

オスティエンセはメトロB線とつながっているが、Valle Aurelia駅でメトロA線ともつながっている。

こちらは途中ブラッチャーノ湖を眺めることもできる。

また、メトロA線のフラミニオ駅から通称ローマ北線がでているが、

こちらは2.5〜3時間で、本数も少ない。こちらはローマ市営の交通ATACの近郊扱いとなり

ヴィテルボはDゾーンに属する。

 

中世の街並の他に、ちょっと足を運んで法王の温泉と呼ばれる、宿泊施設つきの温泉や

古のローマ兵も身体を癒したという露天温泉もヴィテルボの魅力。

 

ヴィテルボお散歩INDEX


  順次追加

 

 

ヴィテルボから行けるおすすめ


 

 

 

 

 

 

viterbo

街の起伏とふぞろいな高さの建物への入口がワンダーランド。





Bookmark and Share